電気主任技術者の転職事情

久しぶりの更新になります。

昨年2015年に第二種電気主任技術者の試験に合格し、転職のため色々と模索しています。
当然、狙うは大企業!なのですが、大企業を狙うとなると、電験の資格だけでは難しい面が出てきます。

私は学生時代に学業をさぼりにさぼり、基礎学力がないということは、このサイトで繰り返し書いてきました。
第三種電気主任技術者の試験に挑み始めた当初は、因数分解や解の公式すら忘れている程で、学力レベルで言うと中学1年生程度であったと思います。
このように学力の無い私でも、地道に努力を続ければ、電験二種合格までたどり着くことができる。
学力の無い方にとって、私のような例はある種の希望として写るようで、「お陰でやる気が出てきました」「希望が見えてきました」というメールを頂くことがあります。

私自身、工業高校を卒業後に地元の工場に就職しましたが、決して満足いくような労働環境ではなく、数度の転職を繰り返してきました。
なぜ、私は一つの仕事を続けることができないのだろう?と疑問に思っていたのですが、最近よく分かってきたことがあります。
それは「私に基礎学力がないためだ」という事でした。

私の転職の場合、ここが「ネック」になりました。
大企業を狙う場合、「SPI」や「SCOA」といった試験があるのですが、これを越えることができない。
普通科高校へ行き、みっちり3年間勉強をした方にとってはなんてことのない試験なのですが、私はここで躓きました。

そのことに気づいたのは、二種を活かして実際に企業に面接に伺った時でした。
電験二種という強力な資格と、実務経験もそこそこあることと、面接での評価も上々でしたが、試験で躓きました。
学力的には中学3~高校2年生ほどのレベルの国語・数学・英語・一般常識・社会・科学の問題がでましたが、これを攻略することができなかったのです。

会社説明で受けた仕事内容が私の思っていた物と大分違った事と、求人票と実際の労働条件とがかなり食い違っていた事から、私は合否の結果が出る前に辞退を申し込みました。
ですが、この試験は転職活動の今後についてよく考えていかなければならないと思うきっかけになったのです。

電験三種を取得された方で大企業を狙う方は、SPIなどの入社試験で点数を取れるよう対策をした方がよいでしょう。
というのも、三種を持っている人は多く、ライバルが多いと考えられる為です。
私のように基礎学力が無い人や、学校卒業後にずいぶんと時間が経過して学生時代の勉強の大半を忘れてしまっているような方の場合、SPI・一般常識・国数英対策でかなりの時間を取られることになるでしょう。

私の場合、二種合格後1年間、みっちり勉強してきて、ようやくなんとかなるかな?というレベルまで持ってくる事ができましたが、学生時代にしっかり勉強してきた人には到底及ぶべくもないでしょう。

三種に合格して喜んでいる暇はないのです。
勉強は更に続けていかなければならないのですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です