電検取得後の自分をイメージする

あなたは何のために電験三種を勉強していますか?
仕事上で必要だからですか?
リストラの憂き目にあって必要に迫られて取るのですか?
子供の頃からの夢だからですか?

人によって、それぞれ電験三種を取得する理由があるはずです。

私はリストラが目前に迫り、それまで所有していた危険物や電気工事士の資格だけではとても太刀打ちできない試練が来ると確信し、電験三種を取得することを決意しました。
それ以降私は、電験三種・1級ボイラー技士・甲種危険物・3種冷凍機械・消防設備士と資格を立て続けに取る訳ですが、私の心の中には「電験三種を取りこの弱小企業から抜け出して良い会社に入り、エンジニアとして立派に働いている自分の姿」を常にイメージしていました。

このイメージは勉強をすればするほど強くなり、試験前には「必ず合格しあの姿になる」と確信して試験に挑みました。
そんな強いイメージがあったからこそ、あの困難な2009年の試験に合格できたという訳です。

自分が電験三種を取ってどう変わるのか、その姿をイメージして勉強して下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です