最低勉強時間を決める

電験三種を勉強していく上で、「○時間だけは絶対勉強する」という時間を決めて下さい。
これは、いかなる理由があろうとも絶対勉強しなくてはならない時間です。
私の場合、これを3時間と設定しました。

この3時間を守るのは非常に大変でしたが、半年間の勉強でほとんどこれを守り通すことができ、無事に合格することが出来ました。

電験三種を合格する上で、大体4科目合計1000時間程勉強すれば合格が見えてくると言われています。
その内訳は、理論300h/電力250h/法規100h/機械350hといった感じです。
私は半年間で理論・電力・機械を合格する必要があったので、300h+250h+350hの合計900hの時間が必要であった訳です。
もし仮に一日3時間は最低勉強すると仮定すると、
6ヶ月3時間30日=540時間の勉強量を確保出来る計算になります。
ですがこれだけだと、900h-540h=360hの時間が足りなくなる、という訳です。
なので、一日4~5時間の勉強ペースを守らなければ、合格は難しいだろう、という考えに至り、一日4時間を超える勉強時間を確保して勉強を続けた訳なのです。

あなたも電験に合格したいならば、この合格の目安である「1000時間」を元に、どの程度のペースで勉強すれば合格するかを計算してみて下さい。
その結果、一日に最低どれほどの時間勉強するかが分かるはずなので、それよりやや少な目の時間を、最低勉強時間として設定し、かならず守るようにして下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です