参考書を一度に沢山買うと・・・

さて、今年は電験三種を必ず合格するぞ!といきごんでいるあなた!
参考書のハシゴはしていませんよね?

参考書は、基本的に1種類に絞った方がよいです。

私が個人的におすすめしているのが、上の電験三種 完全攻略。
4科目が一冊にまとまっているもの。

初心者から上級者にもお勧めします。

とまぁ、宣伝はこれくらいにして。
私は初め、「よくわかるシリーズ」を買い、次に「完全攻略」、最後に「これだけ」シリーズを買いました。
合計9冊の本を買ったわけです。
一冊2500円だとすると20000円弱の出費。
正直、これは痛い。
私は初めから完全攻略買っておけばなぁ、と後悔していたりします。

私は電験三種の参考書をこれだけ揃えたのですが、本棚に並べた参考書の数々を見て、「こんなに勉強しないと受からないんだ・・・」とある種の拒絶反応を起こしました。
そして、しばらくは勉強に手が付きませんでした。
これ、モチベーションを著しく下げます。

軍隊が行軍する際、目的地を決めて進むと兵の疲弊は押さえられますが、目的地が定まっていない状態で行軍を続けると疲弊が凄まじいという話を聞いたことがあります。
人間、達成できるかどうか分からない目標を目の前にすると、それだけで精神的に疲弊し、モチベーションを著しく下げることになる。
なので私は、始めて電験三種に挑む人は、まず完全攻略+過去問の2冊を買って勉強して欲しい。
完全攻略は内容が極めて簡潔に書いてあるため、これを一冊暗記し過去問を解いていけば合格ラインに達すると思います。

そして、ある程度煮詰まってきて、この一冊で不安ならば、試しにこれだけシリーズ(機械や電力)なんかを一冊買ってみて、試しに中を見て欲しい。
「こんなもんかぁ」と思うなら、他のこれだけシリーズは買わなくていい。
たぶん、「こんなもんかぁ」と思うでしょう(私はそう思いました)

とにかく、参考書はあれこれ手を出す物じゃない。
私が確信を持ってお勧めする、「電験三種 完全攻略」と「電験三種 完全解答(過去問)」の2冊で、勉強をしてみてください。


過去問は最新のを買ってはいけませんよ?
過去2、3年の問題は出ないのです。
2010年ならば、2008年版や2007年版といったように、古いものを買う事をお勧めします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です