勉強の方法を複数作る!

電験三種の勉強は、一年以上に渡る長く地道な努力を続けて行かざるを得ないものです。
世間では、「3ヶ月で受かった!」といった甘ぁ~いうたい文句でDVDや辞典のような参考書を高い値段で売りつけようとするサイトや業者が沢山います。
私も「電験三種」や「第三種電気主任技術者」でググってみたことがあるのですが、上位1ページ目に既にそういった情報商材で儲けようとするたくらみ見え見えのサイトが複数あってがっかりしたものです。

さて、本題に入ります。

この長い勉強期間でモチベーションを維持することはとても重要な事ですが、どんな人間でも同じ勉強を延々と続けていれば必ず飽きが来るものです。
私も以前は、ひたすら書く、ひたすら録音する、ひたすら聞くという、「一つの勉強方法に没頭する」というやり方で勉強してきました。
ですがこれは飽きます。
飽きたら、確実にモチベーションは下がります。

なので私はここで、「複数の勉強方法を持ち、それを短い期間で回す」事をお勧めします。

私の考えうる勉強方法としては、
(1)書き勉:まとめノートを書く
(2)解き勉:計算問題を解く
(3)読み勉:参考書やまとめノートを録音する
(4)消し勉:まとめノートを読み、分かった点を消していく
(5)聞き勉:録音データを聴く
といった事が考えられます。

基本的に、頭を使うのは間違いなく(2)解き勉です。
なので、これは一番頭の働く早朝に持ってきます。
次に頭と体を使うのは(1)書き勉ですので、解き勉がある程度進み、脳が疲れてきたら、書き勉を行います。
次に頭が疲れ切ってきたら(3)読み勉を行います。
参考書やまとめノートを読み上げるだけなので頭は疲れませんが、声帯が疲れるので限界があります。

(4)の消し勉は、細かい時間を使うこと、即ち会社の休憩時間や昼休みを利用します。
頭はそれほど働かなくてもいいので、とにかく繰り返し読んで、分かった点を消していくだけです。
(5)の聞き勉は、ある程度頭が働く起床時・通勤・帰宅時・風呂内で聴きます。

これらのサイクルを上手く回すことで、飽きが来ない勉強を続けていくことができます。
この勉強サイクル、必ず生活に組み込んで下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です