ノート・計算用紙は捨ててはいけない

あなたは計算用紙を捨てていますか?
私は計算用紙は保存してあります。

電験三種は計算問題が多いので、瞬く間に計算用紙が増えていきますよね。
私も電験三種を合格するまでに使用した計算用紙は500枚を越える程です。

(↑試験合格後、ブックスキャナーでPCに取り込んだ)

試験勉強をしていた当時はこの計算用紙の束を眺めて、「あぁ、俺はこんなにも努力を積み上げてきたんだ」と自信を持ったものです。
ノートや計算用紙は自分が積み上げてきた歴史そのものです。
もしもこのノートや計算用紙を捨てて、電験三種の試験に滑っていたらどうなると思います?
あなたが努力してきた事を証明するものが無くなってしまう訳です。

その後、「あぁ電験三種なんて受かるわけないや」と諦めてしまったとしたら、あなたには何も残らない事になる。
諦めた数年後、再び電験三種の試験に挑もうとしたとき、あなたはまた真っ新な状態から勉強を開始するハメになるでしょう。

どんな方法でも良いので、ノートや計算用紙は必ず保存しておくように。
私のようにブックスキャナーでパソ\コンに取り込んでおくのもアリです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です