カレンダーに残り日数を書いていこう

私が職場で仕事をしている時、いつもカレンダーを気にしていました。
というのも、職場で使用していたカレンダーには電験三種の試験日が書いてあったからです。
私は頻繁にカレンダーを見ては「あぁ、電験三種の試験まであと○○日か」と、残り日数を確認したものです。

途中で私は、カレンダーに数字を書き始めました。
「電験三種の試験まであと120日ある。今日を1として数字を書き込み、120まで書き込んだらいよいよ試験だ」
毎日毎日、私は帰り際にカレンダーに数字を書き込み、終わった日を×印で消していきました。

今考えると、これはモチベーションを高めるために役立ったと思います。
また、頻繁にカレンダーを見る癖を付けることで、残り日数の確認と、今のままのペースで間に合うかどうかの確認ができた事も大きかったですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です