電験三種の試験の注意点

電験三種の試験の注意点

会場付近で配っている資料は貰え!

電験三種の試験は、全国で50000人を越える受験者がいる、非常に受験者の多い試験です。 また、全国で「電験三種セミナー」と呼ばれる講習会が多数あり、その講習会に関しての資料を試験会場付近で配布している事が多々あります。 受験票の注意...
電験三種の試験の注意点

こんなに机がせまいなんて!

試験会場に実際行ったことがある人は分かると思いますが、試験の際に使用する机は、スペース的にかなり狭いのが常です。 私は危険物や冷凍機械、電験三種・電験二種・エネ管等で様々な会場の机を使用してきましたが、十\分なスペースがとれる机はほ...
電験三種の試験の注意点

電験の解答は順番に解かなくてもいい

電験三種の試験範囲はとても広いものです。 理論といっても基本的な電圧・電流・抵抗の計算から、コンデンサー・リアクトル、電力計算、電磁気と多岐に渡る訳です。 当然、どんな科目でも得意な問題・不得意な問題が出てくるのは仕方有りま...
電験三種の試験の注意点

電験の計算にノートの使用はNG!

さて、前の記事では裏紙に細かい字で書く訓練をしろというものでした。 次は、「普段の計算にノートを使うな」という内容で書いていきます。 ノートを使ってはならない理由は二つあります。 ・あらかじめ罫線が引いてある ・文字を小さく...
電験三種の試験の注意点

電験試験では計算用紙は使えない

電験三種の試験を挑む上で、重要なことがあります。 それは、「計算用紙が無い」事です! 以前試験を受けた際に、とある受験者が監視員に「計算用紙を使わせてくれ」と質問している場面を見ました。 が、結局は使わせてもらえなかったようです。 ...
電験三種の試験の注意点

電験の試験に持っていくもの まとめ

さて、試験の際に持っていくべきものを紹介してきました。 下記に、全てを記載しておきますので、最終チェックに使用して下さい。 ●試験に持っていく物 □シャーペン(普通の奴) □シャーペン(2mmタイプ。先を塗りつぶしておく) ...
電験三種の試験の注意点

電験の試験に持っていくもの(4)

試験の際に持っていくべきもの その4 (1)会場までの地図・乗り換え案内。 受験票に書いてある地図・案内だけでは不安です。 特に、「○○大学 ○○キャンパス1号館」と書いてあっても、大学は広いので分からないケースが多々ありま...
電験三種の試験の注意点

電験の試験に持っていくもの(3)

試験の際に持って行くべきものその3 (1)冷えぴた これは以前どこかの記事で書きましたが、電験三種の試験に挑む上でかなり重要なアイテム。 電験三種の試験は9時~17時とまる一日試験に費やすかなりしんどい資格です。 そ...
電験三種の試験の注意点

電験の試験に持っていくもの(2)

試験の際に持っていくべきものその2。 (3)定規 定規は必要ですが、まぁ線が引ければなんでもいい。 いざとなれば鉛筆を使ってもいい。 ただし、三角関数の計算が分からないため、定規で寸法を測って・・・というのはNGだったはずで...
電験三種の試験の注意点

電験の試験に持っていくもの(1)

一年に一度しかない電験三種の試験。 その際に「これを持っていくと良い!」というもののリストとその説明をしていきます。 (1)鉛筆・シャープ これらは当然必要ですね。 鉛筆は2本以上、シャープは芯が入っていることを事前に確認。...
電験三種の試験の注意点

受けよう電験二種!エネ管!

電験三種を合格したら、皆さんは次に何を受けますか? 多くの人がエネルギー管理士(電気)や電験二種を目指すのではないでしょうか。 ですが、これらの資格は電験三種レベル、ましてや私たち電気の知識のない人レベルでは、正直合格はまま...
電験三種の試験の注意点

頭がオーバーヒート!そんな時は!

電験三種の試験は科目合格制度が取られています。 即ち、3年間で、理論・電力・法規・機械の4科目を合格すればいいのです。 ただし試験は過酷で、約2時間毎に1科目の試験を行う形になります。 朝9時から17時まで、みっちり頭を働か...
タイトルとURLをコピーしました