電験二種に至るための勉強

久しぶりの更新です。
皆さん、勉強していますか?
私は最近、さっぱり勉強してません(笑)

電験三種合格後、エネルギー管理士と電験二種の勉強を3年ほど続けてきました。
奇跡的に電験三種合格してしまった私は、基礎がまるで出来ていませんから、当然のごとくエネルギー管理士と電験二種の試験に落ちまくりました。
どちらも3年間で合格できず、一度リセットされています。

要するに基礎がまるで出来ていなかったため、こんな結果になったんですね~当然ですね~。

しかりリセットされた後、再び受験したらエネルギー管理士4科目合格。電験二種一次試験突破。
今は電験二種二次試験の結果発舞メちという感じです。
まぁ流石に二種合格はないでしょうが・・・・また来年がんばらなきゃ、と思いながらも、合格発1週間前なので、勉強する気が起きないという状態。

この長い電験人生の中で色々と学んだことがあります。

もしあなたが電験二種に合格したいならば、やはり基礎が大事だってこと。
特に三種理論は完全にマスターしないと、エネルギー管理士、電験二種に歯が立ちません。

私は三種理論はてきとーに受けて、大幅な点数調整(確か40点くらいまで合格点下がった)のおかげで、なんか合格しちゃった感じでした。
こんな状態ですから、当然理論の基礎ができてない。
キルヒホッフの計算すら間違えの連続だった覚えがあります(笑)

その後、電験二種理論の試験に落ちまくりながら、私は三種理論の重要性を痛感します。
そして、三種時代の理論の参考書を引っ張り出して猛勉強しました。
三種の理論を完全にマスターし、二種理論も7割ほど理解して、ようやく電験二種一次試験理論に合格出来たという感じでした。

もし、「今すぐ電験三種に合格しないと死んじゃうっ!」というような切羽詰まった状態の人でなければ、三種理論はみっちり勉強した方がいい。
その方が、早く電験二種やエネルギー管理士に合格できると思います。

機械や電力は覚えることを覚えていけば自然と電験二種一次試験は突破出来ます(計算問題はほぼ無し)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です