電験三種まとめノートとは

さて、いままでの記事を読んでくれた方の中には「まとめノートってなに?」と言われる方もおられると思います。

まとめノートとは、参考書や過去問で分からない点をまとめたノートの事です。
サイズは何でもよいのですが、私の場合はルーズリーフA4に手書きで書いたです。



↑これがまとめノートの一例です。
語呂合わせを利用しているのが分かると思います
また、分かった部分をマジックで消しているのも分かりますよね?

まとめノートの利点は複数あります。
・分からない点を書く事で記憶できる
・消し込みを行うことで、既に理解している内容を再び読む事がない
・どこにでも持ち運べる
というメリットです。

まとめノートを作る際に、絶対守らなくてはならないことが一つあります。
それは、「勉強を始めてすぐに作らない事」です。
これをやってしまうと、参考書や過去問を全てノートに書き写すという最も効率の悪い勉強を行うことになる為です。

私のお薦めは、
(1)参考書や過去問を録音し、随時聴く(一日30分程度、食事中や通勤中で良い)
(2)2週間ほど聴いたら、分かった内容と分からない内容がはっきりするので、分からない点のみをまとめノートに記載し、理解した・記憶した内容を随時黒マジックで消していく。
(3)記載した内容がある程度(ルーズリーフA4両面の用紙5枚以上)たまってきたら、その内容を録音し再び聴く
の繰り返しを行うことです。

これを毎日少しづつ続けることで、参考書の1冊2冊は頭の中に入ります。

非常に重要なテクニックです。
作成日:2010/01/19 11:59:48

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です