電験はどの科目から勉強すべきか

電験三種は理論・電力・法規・機械の4科目があります。
勉強を始める上でまず初めに悩むのが、「どの科目から勉強を始めればいいか」です。
これは諸説ありますが、一般的に
理論→法規→電力→機械
が普通だと言われています。

ただ私はコレに少し付け加えたい。

理論と法規は同時勉強。
理論は計算問題主体だし、法規は暗記主体の為。

電力と機械も同時勉強。
どちらも難易度は高く、内容がかぶる点があるため。

ただ、私は実際の所、機械から勉強を始めるという荒技を行いました(笑)
実を言うと、短期間で合格に至ったのはこの方法があったからなのではないか、と思っています。
というのも、機械は全科目の中で最も難易度が高いのですが、計算問題の解き方はある種の法則性があるため、その法則さえ分かってしまえば、電気を知らない人でも解ける事があるという事です。

それに、機械や電力は半分ほどが文章問題の為、電気を全く知らない人でも点数を稼げる可能\性が高かったからです。
理論は実のところ、一番最後に勉強しました。
要するに、
法規(一昨年合格済み)→機械→電力→理論
という順番だったのです。

なのでお勧めするのは、

法規→機械と電力の文章問題暗記→理論→機械と電力の計算問題
という順番です。
これが最も点数を稼ぎやすい順番だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です