電験の試験に持っていくもの(1)

一年に一度しかない電験三種の試験。
その際に「これを持っていくと良い!」というもののリストとその説明をしていきます。

(1)鉛筆・シャープ
これらは当然必要ですね。
鉛筆は2本以上、シャープは芯が入っていることを事前に確認。
普段使っているのが4色ボールペン+シャープだったならば、この日のために別のシャープを使用した方が良いでしょう。

鉛筆は消しゴム付きのものが良いです。
なにかと使えますので。

(2)消しゴム
当然、消しゴムも必要なわけですが、電験三種はその試験の特性上、「消しゴムで消している時間も惜しい」訳です。
なので、普通の消しゴムよりも、早く消せる消しゴムの方が良い。

ここで紹介するのが「もっとかる~く消せる消しゴム」
確かにこれは早い。
凄まじい勢いで消しゴムが減っていくのが難点ですが、試験中のみの使用を考えればそんなことどうでもいい。
私は試験用にかならずこの消しゴムを一つストックしてあります。

また、電験三種の試験は計算用紙が貰えるわけではないので、必然的に試験用紙の隙間に計算を記載していく事になります。
うっかり計算間違いをし、それを発見した後は既にもう時間がない!しかも再計算するためのスペースもない!となるわけです。
そんなとき、普通のMONOのゴム消しゴムを使って急いで消すと試験用紙を破ったり、消し残しがあったりして、大変な事になります。

そんなときの為に、この消しゴムを常に一つストックし、試験の時のために使いましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です