電線&電柱を見て歩け!

電力について。
電力の問題は比較的暗記中心で覚えれば答えが解けてしまう問題が多いのですが、いざそれを理解して覚えようとすると結構大変だったりします。
一般の方はダムや電線・鉄塔などを実際気にして見たことなどほとんどないですし。

・・・ならば見に行けばいいのです。
特に電柱を見ていると、色々と分かることがありますよ。

・電線のたるみは、それほど大きくないな
・支線とはこういうものか
・変圧器が付いてるな
・上側が高圧、下側が低圧の電線かー
・B種設置工事のアース線が這ってるな
等々。

鉄塔を見ても色々と面白い発見がある。
・スペーサーが付いてるな
・鉄塔には支線がないな
・多乗化してあるな
・ダンパーが付いてるな

等々。

こういった観察は、空いた少しの時間でできるはずです。
理想としては双眼鏡を持って歩くのが良いのでしょうが、怪しまれない程度にしてください(笑)

電気に関して知識のない人は特に、こういった身の回りの電気関係のものに目を通して理解を深めることが、電力を勉強する上で重要になります。

できればダムを見に行ったりするのがいいのでしょうが、難しいならばインターネットのグーグル画像検索で「ダム穴」とでも検索してみればいいと思います。

とにかく、見たことのない物は実際この目で見てみることです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です