集中力強化のためのローソク法(1)

私は電験三種の勉強を始めた当初、どうしても集中力が無くて一日に30分ほどしか勉強できませんでした。
なので、常に「どうやったら集中できるのか」を考えていました。

とあるサイトで集中力に関する記事を読んでいると、一つ気になる記事がありました。
それは、「ローソクによる集中力強化法」というものでした。

方法は簡単。
暗い部屋の中で、ローソクに炎を灯し、それを10分ほど眺めるのです。

(ニコニコ動画にローソクの画像をUPしておきました)

クリスマスや誕生日パーティの際にケーキに灯した炎を、暗闇の中眺めている時のあの独特な感じ、わかりますよね?
なんとなく心が落ち着くというか、不思議な感じです。

どうやらローソクを眺めている際は普段とは別の脳波が出ているらしく、集中力を高めることができます。
私は実際、30分ほどしか集中できなかったのが、このローソク法を使うようになってから1時間は楽に集中できるようになったのです。
それ以降、耳栓や冷えピタなどを使うことで、3~4時間机に釘付けで勉強し続けることも可能になる程、集中力は強化されました。

この凄まじい集中力こそが、電験三種を合格の勝因といえるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です