集中力を高める「耳栓」

どんな試験でもそうですが、集中力を維持しながら勉強する事が重要です。
電験三種の場合、特に計算問題を解く際にかなりの集中力を要求されます。
私の場合、一日のうちで最も集中力が高くなる早朝に、計算問題を集中的に勉強することにしていました。

人間の集中力は鍛えていない人で30分、鍛えている人で1時間30分が限界だと言われているようです。

私の場合、モチベーションが高いときは1時間30分、低いときはやはり30分程度になってしまいます。

さてここでお勧めしたいのが「耳栓」です。
耳栓は外界の音を遮断するため、無駄な情報を頭に入れなくて済む。
この「無駄な情報を頭に入れない」といのは重要で、私が理解した問題を黒塗りして消すのも、これが理由です。
耳栓を付けると集中力が増し、30分程度は集中できる時間を伸ばすことができるでしょう。
また、冷えピタと併用することで、集中できる時間をかなり伸ばすことができ、3時間程は机に向かい続ける事もできるようになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です