録音データ、普通に聴く?2倍速?

私は最近、宅建の勉強に走っていたりします。
エネルギー管理士(電気)の勉強だけだとどうもマンネリになるので、全く別分野である宅建の勉強をしながらというのも面白いなと思っています。

宅建の参考書は電験以上に豊富ですが、音声データCDが付属しているのも沢山あります。
そんな中で私は、2倍速音声データが付属している参考書を手に取りました。

宅建の勉強にそれほどウェイトを置くつもりもなかったのと、録音データを作るにはある程度の時間と覚悟が必要なので、とりあえず市販のもので代用しようと思ったわけです。

・・・が、この2倍速音声データというのは、ちょっと使い所が難しいなと思いました。

私は以前から自分で参考書を録音し、同じ項目を2回読み上げるという方法を取ってきた訳ですが、何故2回読み上げるかというと、
(1回目):その項目を思い出す
(2回目):その項目について、考えながら聴く
というプロセスを経る為です。
(1回目);ぁあ、その内容か。(2回目)そうそう、この部分の機械がこうなって、こう動くんだよな
といった感じの聴き方をする訳です。

これで一個一個確実に覚えていく訳ですが、2倍速音声データだと早すぎて、その内容を頭にたたき込むことはできても、(2回目)のように自問自答しながらの確認作業を取る時間がもてない
自分的には4倍の時間がかかっても、はやり普通の速度の音声データが良いなぁと感じました。

が、これは平常時のみの話。
朝起きた際に聴く場合は、かえって2倍速データの方がよいかも・・・と感じつつあります。
というのも、朝起きた時に人間の脳は、普段の3倍ほどの能力がある為です。
それ故、早朝の勉強1時間は平常時の3時間に相当する訳です。
この、頭の回転が異常にはやい時間帯は、2倍速のデータを聴くのが良いと感じました。

録音データ自体を使い分けるのはなかなか難しいので、自分にあった方法を見つけてみて下さい。
ちなみに、ZOOM H2で録音したwav.mp3データは「SoundEngine Free」という高性能の編集ソフト(無料)で、その再生速度を自在に変えることができます。

↑これが私が持っているボイスレコーダー ZOOM H2。
過去に何度か紹介してきたのですが、こういった再生速度処理などを簡単に出来るので、この製品をおしているのです。
以前、一緒に消防設備士の免許を受けに行った友人がいたのですが、その際に録音データの話になりました。
彼は、「携帯電話の録音機能使えばいいや」と言っていましたが、結局音質が悪いのとパソコンへの接続が難しいという理由で録音データを使わずに試験に挑み、惨敗していました。
その点、zoomH2はUSBでPCに接続するだけで、プロ音質のwavデータ・mp3データが簡単に手に入り、かつ先述したフリーの音声編集ソフト「SoundEngine free」で再生速度変更・音量変更など自由自在に編集ができる。

何度も言いますが、自分に対する投資を怠ると、結局後で痛い目をみるのは自分です。
私もZOOM H2を使う以前はMP3プレイヤーの録音機能を使っていましたが、拡張子が特殊な為に再生・編集ができず、結局消してしまった事があります。

本題に戻りますが、録音データの再生速度は、個人的には1.2~1.5倍程度が良いのではないかと思っています。
ニコニコの方にUPしたものは、大体その程度に編集してあります(生の声を聴かれるのが嫌だからという理由もありますが(笑))

ご自分にあった再生速度に変更し、使用してみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です