速聴の意外な効果

以前、録音データについての記事を書いたことがありました。
その際、録音データは速度を早くして聴くのがいいですよ、と書きましたが、その際のデメリットも当然あるのだという事を記しておきました。
具体的には、「考えながら聴く時間の猶予が無くなる」という事。
これは、速聴をやる上でのデメリットの一つです。

では、速聴は効果はないのか?
いえいえ、もちろん効果はありますよ。
文章を早く聴くことができるという大きなメリットもありますし、早く聴いているとその速度でなんとか理解しようと脳が働くようになります。

そしてもう一つ、意外なメリットが。
速聴で録音データを聴き終わった後。
この聞き終わった後、数十分は、「脳の回転速度が平常時よりもかなり速い状態」になっているということです。

一時期、録音データを速聴3倍速で聴いていた時期がありましたが、この録音データを30分ほど車内で聴いた後、車から出ると「時間がゆっくり流れているような感覚」に陥りました。
これは実際、脳の回転速度が上がっているのが原因のようで、その後に勉強をするとかなりはかどる事が分かりました。

速聴後の勉強、試してみて下さい。

録音にはzoom H2、再生速度変換の編集にはsoundengine freeがお勧めです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です