覚えるのに順番は必要ない!

電験三種は理論・電力・機械・法規の4科目。
その中でも理論であれば抵抗・電圧・電流の計算や電磁気・サイリスタなどの半導体の知識、環状ソレノイド計算など、多種多様な科目があります。
これらの事、初めから順に覚えていく必要はありません。

電験三種の知識は、それぞれの科目の知識が少しずつ要求されるのが常で、例えば法規で勉強した事が電力で役立ったり、電力で勉強したことが機械で役立つといった事が頻繁にあります。
なので、暗記するのは違う分野・科目ごちゃまぜで良いのです。


これは私のまとめノートですが、電力・機械の内容が、とびとびで記載されているのが分かると思います。
まとめノートは暗記のために使うものですが、その記載に順序はありません。
電力で分からないところがあったら書き、理論で分からないことがあれば書き、の繰り返しです。


イメージとしては上の図のような感じ。
初めはそれぞれの分野の知識は小さく、バラバラ。
ですが知識を深めていくと徐々にそれらの知識が重なり合い、相乗効果を生み問題が飛躍的に解けるようになってきます。

初めはそれぞれの知識が個別で関わり合いのないもののように思えます。
その頃は「なんでこんなの覚える必要があるんだろう」と悩むこともありますが、勉強を続けていくうちにそれぞれの項目が、実は深く関わり合っているのだというのを実感できるようになります。

とにかく、暗記、暗記です!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です