晩酌は電験合格の最大の敵!

皆さんはお酒を飲まれますか?
「一杯飲まないと眠れない」という方もおられると思います。
私は、晩酌は正直お勧めしていません。
特にこのサイトで最も推している勉強方法「短眠&早朝勉強」にとって、最大の敵だと思っています。

「晩酌をすれば早く眠れるしいいじゃないか!」
と言われる方もおられるかもしれませんが、問題は起きた後の頭の状態なのです。

私は酒は人並みに飲める程度の強さですが、酒を飲んで寝た場合と飲んでいない場合とでは、次の日の早朝勉強の際の頭の回転に天と地ほどの差が出る事が分かりました。

酒を飲まずに寝て翌朝4時に起きた場合は、何度も書いてきたように通常の3倍ほどの頭の処理速度があります。
それ故、早朝1時間の勉強は平常時の3時間に相当する、と書いてきたのです。

が、晩酌をやった次の朝は、頭の回転は平常時並、下手をすると並以下です。
また、晩酌をした次の日に、果たして4時に起きられるかというと・・・正直難しいところですね。
仮に4時に起きたとしてもぼーっとして頭には大して勉強内容が入らず、時間だけがだらだらと過ぎていくハメになるのが落ちでしょう。

なので、付き合いの時以外は晩酌はやめましょう。

私は電験三種を受ける際に、ゲーム・マンガ・晩酌をやめました。
「電験を得る為に払う対価」の記事でも書きましたが、電験三種のように難易度の高い資格を得るためには、剃れ相応の対価が必要なのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です