勉強の仕方の勉強、してますか?

私は電験三種を本格的に勉強する前に、「いかにして勉強するか」に関して色々と調べて回りました。
ようするに「勉強の仕方を勉強した」訳です。

私は学生時代に勉強が嫌で嫌で勉学をサボり、プラモデルとプログラムばっかり作っていました。
まぁそのお陰で手先が異常に器用になり、こうやってPHPでサイトを作っていたりもするのですが(笑)

電験三種を合格するには、電気科系の工業高校卒業レベルが必要だといわれています。
ただ、ここで勘違いして欲しくないのは、あくまで電気科系の工業高校を「非常に優秀な成績」で卒業したレベルが必要だということです。

勉学をさぼってきた私にとっては、電験三種という資格はあまりにも大きな敵でした。
ならば、奴(電験三種)を倒す為にはどうすれば良いのか。
色々と考え、至った結論。
「勉強の仕方をまず勉強する必要があるのだ!」と気づいたのです。

私は電験三種の勉強を始める前に、ブックオフに行き「社会人の為の勉強方法」をうたい文句にしているような本を読みあさりました。
細かい時間の使い方、歳を取ってからの勉強方法は学生時代とは違うのだということ、東大生の勉強の仕方を真似る・・・・。
色々と有意義な内容の数々に、私は一種の感動を覚えていました。

電験三種はとても難易度が高い資格で、昔から勉強を続けてこられた方でないかぎり、初めはかなり苦労を伴うでしょう。
なので、まずは勉強の仕方を勉強するために、自己啓発系の書物を読むことをお勧めします。
もちろん、私が学んできたノウハウをこのサイトに全て書き記していくつもりですので、このサイトを熟読されても良いですよ(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です