電験3種に素人が合格する為のサイト(電気主任技術者・でんけんさんしゅ)
[電験でもやっぱ多数決!多数決法]



今なら無料で電験三種攻略DVDがもらえるとのことっ!急げ!
(財)電気技術者試験センター
wikipedia@電気主任技術者
電験三種 合格支援サイト

当サイトの携帯版
■各種ブックマーク登録
ブックマークをお願いしますm(__)m
はてなブックマークに追加はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークYahoo!ブックマークに登録
Googleブックマークに登録
電験三種 法規 問題
→電験三種 法規(電気設備技術基準)の問題を自動的に作成するページ。
■サブメニュー
電験三種合格の裏技
電験三種、電力と機械の計算問題の法則
電験でもやっぱ多数決!多数決法
電験三種電力と機械の文章問題の法則
電験で使う電卓選びの重要性
電卓を使いこなせ!
B問題の解答の法則
電験三種の前年度の問題はやるな!
電験三種オススメ書籍
通信教育「電験三種受験講座 総合」
トップへ戻る
■資格一覧
電験三種の勉強方法 /電験三種合格の裏技 /試験に挑む際の注意点 /やる気・モチベーションの維持 /電験三種 理論 /電験三種 電力 /電験三種 機械 /電験三種 法規 /電験三種 録音データ /電気主任技術者の就職・転職 /電験二種のコツ / /

★電験三種 勉強法! 電験でもやっぱ多数決!多数決法
(電検 資格試験対策)

さて、前の記事では計算問題で全く分からない際に使う裏技を紹介しました。
では、「文章問題で的を絞る方法はないのか!?」という声も沸いてくると思います。
それも、あるんです。


これを見てみて下さい。
とある問題の、回答欄です。
答え(2)が正解です。

多数決法とは、「各選択肢で多い物をまるで囲み、最も多く該当するのが答えの可能性が高い」という理論の元に成り立っています。
ただし、これはあくまで3択に絞る程度に使用して下さい。
出題者もこの方法は分かっているようで、全ての多数決に該当したものが答えとなる場合は、案外少ないです。
なので、5択のうち2つの選択肢を捨てるといった意味合いで使うことにしてください。

またこの方法の利点は、文章問題の中でひとつでも「これは確実に分かる!」となった際、かなりの高確率で答えを選択する事ができるという点にあります。
分からない問題があったらとりあえず選択肢の多い物をまるで囲み、一つでも確実に分かる文のある解答を選択すると、答えの可能性が高いというのです。

追いつめられた際に、使ってみて下さい。


スポンサードリンク

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>

■サブメニュー
[0]:電験三種合格の裏技
[1]:電験三種、電力と機械の計算問題の法則
[2]:電験でもやっぱ多数決!多数決法
[3]:電験三種電力と機械の文章問題の法則
[4]:電験で使う電卓選びの重要性
[5]:電卓を使いこなせ!
[6]:B問題の解答の法則
[7]:電験三種の前年度の問題はやるな!
電験三種オススメ書籍
電験三種よくわかる法規改訂2版
トップへ戻る

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>