電気設備技術基準 問題自動生成プログラムβ

電気設備技術基準の問題を自動的に10問表示する
データは「法令データ提供システム」より引用。
よくある質問にある通り、二次利用は自由ですが、データが古い可能性がある点には注意。
まめに更新していくつもりではありますが・・・

(電気設備の接地)
第十条  電気設備の必要な箇所には、異常時の ( 2 ) 、高電圧の侵入等による感電、火災その他人体に危害を及ぼし、又は物件への損傷を与えるおそれがないよう、接地その他の適切な措置を講じなければならない。ただし、電路に係る ( 1 ) にあっては、第五条第一項の規定に定めるところによりこれを行わなければならない。
[回答欄]
利用効率/数以上/向上/三年間保存/電気設備/書面/経済産業大臣総合資源エネルギー調査会財務大臣特定事業者/特例/部分/侵入等/氏名六/正当/航路/感電/成果/電位上昇/中欄/各港間/本邦以外//

[答え]
(1)部分/(2)電位上昇/
(過電流からの低圧幹線等の保護措置)
第六十三条  低圧の幹線、低圧の幹線から分岐して電気機械器具に至る低圧の ( 3 ) び引込口から低圧の幹線を経ないで電気機械器具に至る低圧の電路(以下この条において「 ( 2 ) 」という。)には、適切な箇所に開閉器を施設するとともに、過電流が生じた場合に当該 ( 2 ) を保護できるよう、過電流遮断器を施設しなければならない。ただし、当該 ( 2 ) における短絡事故により過電流が生じるおそれがない場合は、この限りでない。2  交通信号灯、出退表示灯その他のその損傷により公共の ( 1 ) の確保に支障を及ぼすおそれがあるものに電気を供給する電路には、過電流による過熱焼損からそれらの電線及び電気機械器具を保護できるよう、過電流遮断器を施設しなければならない。
[回答欄]
当該建築物調査/同表/数値/精度管理/輸送力/輸送能力/一定/施設/状況/車両/電路及/損傷/場合/業種/保存/申請/幹線等/安全/分岐//

[答え]
(1)安全/(2)幹線等/(3)電路及/

(地絡に対する保護対策)
第十五条  電路には、地絡が生じた場合に、電線若しくは電気機械器具の損傷、 ( 1 ) は火災のおそれがないよう、地絡遮断器の施設その他の適切な ( 2 ) を講じなければならない。ただし、電気機械器具を乾燥した場所に施設する等地絡による危険のおそれがない場合は、この限りでない。
[回答欄]
措置/適確/当該指定/船舶運航事業/塩製造業/建築主事/適切/市町村又/地絡/感電又/定量/使用量/電路/停止/努力/措置/火災/特定事業者/所在地四//

[答え]
(1)感電又/(2)措置/
(過電流からの低圧幹線等の保護措置)
第六十三条  低圧の幹線、低圧の幹線から ( 3 ) して ( 1 ) に至る低圧の電路及び引込口から低圧の幹線を経ないで ( 1 ) に至る低圧の電路(以下この条において「幹線等」という。)には、適切な箇所に開閉器を施設するとともに、過電流が生じた場合に当該幹線等を保護できるよう、過電流遮断器を施設しなければならない。ただし、当該幹線等における短絡事故により過電流が生じるおそれがない場合は、この限りでない。2  交通信号灯、出退表示灯その他のその損傷により公共の安全の確保に支障を及ぼすおそれがあるものに ( 2 ) を供給する電路には、過電流による過熱焼損からそれらの電線及び ( 1 ) を保護できるよう、過電流遮断器を施設しなければならない。
[回答欄]
指定/内容/変更/維持/当該幹線等/手続/戸数/末日/措置二/電気機械器具/経済産業大臣総合資源エネルギー調査会財務大臣特定事業者/継続/幹線等/人数/需要/電路/電気/相当程度行/分岐//

[答え]
(1)電気機械器具/(2)電気/(3)分岐/

(電線路のがけへの施設の禁止)
第三十九条  電線路は、がけに ( 1 ) してはならない。ただし、その電線が建造物の上に ( 1 ) する場合、道路、鉄道、軌道、索道、 ( 2 ) 、架空電線又は電車線と交さして ( 1 ) する場合及び水平距離でこれらのもの(道路を除く。)と接近して ( 1 ) する場合以外の場合であって、特別の事情がある場合は、この限りでない。
[回答欄]
索道/助言等/管理者/接近/経済産業大臣/交付/文書/軌道事業/命令/建築主事/科学技術/廃止/措置/経済産業大臣総合資源エネルギー調査会財務大臣特定事業者/場合以外/施設/架空電線又/規定/登録建築物調査機関登録簿//

[答え]
(1)施設/(2)架空弱電流電線等/
(過電流からの低圧幹線等の保護措置)
第六十三条   ( 3 ) の幹線、 ( 3 ) の幹線から分岐して電気機械器具に至る ( 3 ) の電路及び ( 2 ) から ( 3 ) の幹線を経ないで電気機械器具に至る ( 3 ) の電路(以下この条において「幹線等」という。)には、適切な箇所に開閉器を施設するとともに、過電流が生じた場合に当該幹線等を保護できるよう、 ( 1 ) を施設しなければならない。ただし、当該幹線等における短絡事故により過電流が生じるおそれがない場合は、この限りでない。2  交通信号灯、出退表示灯その他のその損傷により公共の安全の確保に支障を及ぼすおそれがあるものに電気を供給する電路には、過電流による過熱焼損からそれらの電線及び電気機械器具を保護できるよう、 ( 1 ) を施設しなければならない。
[回答欄]
低圧/事務所/管理者/登録/中欄/一部/引込口/特定事業者等/公共/過電流遮断器/第六十三条/当該貨物輸送区分/実施/電気/向上/車両/記録/使用量/成果//

[答え]
(1)過電流遮断器/(2)引込口/(3)低圧/

(ガス絶縁機器等の危険の防止)
第三十三条  発電所又は変電所、開閉所若しくはこれらに準ずる場所に施設するガス ( 2 ) 機器(充電部分が圧縮 ( 2 ) ガスにより ( 2 ) された電気機械器具をいう。以下同じ。)及び開閉器又は遮断器に使用する圧縮空気装置は、次の各号により施設しなければならない。一  圧力を受ける部分の ( 1 ) び構造は、最高使用圧力に対して十分に耐え、かつ、安全なものであること。二  圧縮空気装置の空気タンクは、耐食性を有すること。三  圧力が上昇する場合において、当該圧力が最高使用圧力に到達する以前に当該圧力を低下させる機能を有すること。四  圧縮空気装置は、主空気タンクの圧力が低下した場合に圧力を自動的に回復させる機能を有すること。五  異常な圧力を早期に検知できる機能を有すること。六  ガス ( 2 ) 機器に使用する ( 2 ) ガスは、可燃性、腐食性及び有毒性のないものであること。
[回答欄]
フレキシブルディスク提出票/区分/期間/住宅事業建築主/絶縁/数値/部分/特定/普及/氏名又/異常/絶縁ガス/当該貨物輸送区分/材料及/エネルギー管理者/確認調査/場合/所在地三/要件//

[答え]
(1)材料及/(2)絶縁/(3)絶縁ガス/
(特別高圧架空電線路の供給支障の防止)
第四十八条  使用電圧が十七万ボルト以上の特別高圧架空電線路は、市街地その他人家の密集する地域に施設してはならない。ただし、 ( 2 ) からの火災による当該電線路の損壊によって一般 ( 1 ) 事業に係る ( 1 ) の供給に著しい支障を及ぼすおそれがないように施設する場合は、この限りでない。2  使用電圧が十七万ボルト以上の特別高圧架空電線と建造物との水平距離は、当該建造物からの火災による当該電線の損壊等によって一般 ( 1 ) 事業に係る ( 1 ) の供給に著しい支障を及ぼすおそれがないよう、三メートル以上としなければならない。3  使用電圧が十七万ボルト以上の特別高圧架空電線が、建造物、道路、歩道橋その他の工作物の下方に施設されるときの ( 3 ) の水平離隔距離は、当該工作物の倒壊等による当該電線の損壊によって一般 ( 1 ) 事業に係る ( 1 ) の供給に著しい支障を及ぼすおそれがないよう、三メートル以上としなければならない。
[回答欄]
密集/要件/適合/相互/損壊/三メートル以上/当該地域/総合資源エネルギー調査会/新築/法人/努力/成果/作成及/廃止/性能/第二種エネルギー管理指定工場等/当該特定貨物輸送事業者/改善措置/官報//

[答え]
(1)電気/(2)当該地域/(3)相互/

(地絡に対する保護対策)
第十五条   ( 2 ) には、地絡が生じた場合に、電線若しくは電気機械器具の損傷、感電又は火災のおそれがないよう、地絡遮断器の施設その他の ( 1 ) な措置を講じなければならない。ただし、電気機械器具を乾燥した場所に施設する等地絡による危険のおそれがない場合は、この限りでない。
[回答欄]
記録八/損傷/適切/代表者/感電又/措置/電路/危険/措置/登録建築物調査機関登録簿/消費量/設置/所在地三/助言等/記録/状況/経済産業大臣/荷主/使用量//

[答え]
(1)適切/(2)電路/
(支持物の倒壊の防止)
第三十二条  架空電線路又は架空電車線路の支持物の材料及び ( 1 ) (支線を施設する場合は、当該支線に係るものを含む。)は、その支持物が支持する電線等による引張荷重、風速四十メートル毎秒の風圧荷重及び当該設置場所において通常想定される気象の変化、振動、衝撃その他の ( 3 ) の影響を考慮し、倒壊のおそれがないよう、安全なものでなければならない。ただし、人家が多く連なっている場所に施設する架空電線路にあっては、その ( 2 ) を考慮して施設する場合は、風速四十メートル毎秒の風圧荷重の二分の一の風圧荷重を考慮して施設することができる。2  特別高圧架空電線路の支持物は、 ( 1 ) 上安全なものとすること等により連鎖的に倒壊のおそれがないように施設しなければならない。
[回答欄]
引張荷重/鉄道/氏名又/当該設置場所/研究開発/以下/施設場所/建築主事/外部環境/上欄/人家/内部点検及/本邦/数以上/管理者/当該書面/数三百五十台船舶/構造/登録建築物調査機関//

[答え]
(1)構造/(2)施設場所/(3)外部環境/

(地中電線等による他の電線及び工作物への危険の防止)
第三十条  地中電線、屋側電線及びトンネル内電線その他の工作物に固定して施設する電線は、他の電線、弱電流電線等又は管(他の電線等という。以下この条において同じ。)と接近し、又は交さする場合には、故障時の ( 1 ) により他の電線等を損傷するおそれがないように施設しなければならない。ただし、感電又は火災のおそれがない場合であって、他の電線等の ( 2 ) の承諾を得た場合は、この限りでない。
[回答欄]
消費量/輸送方法/判断/弱電流電線等又/停止/アーク放電/管理者/経済産業大臣/屋側電線及/数三百両乗合自動車/地中電線/当該改善措置/特定貨物輸送事業者/氏名六/建築主事/工作物/中欄/名称及/フレキシブルディスク提出票//

[答え]
(1)アーク放電/(2)管理者/
リロード