電気設備技術基準 問題自動生成プログラムβ

電気設備技術基準の問題を自動的に10問表示する
データは「法令データ提供システム」より引用。
よくある質問にある通り、二次利用は自由ですが、データが古い可能性がある点には注意。
まめに更新していくつもりではありますが・・・

(電圧不平衡による障害の防止)
第五十五条  交流式電気鉄道は、その単相負荷による電圧不平衡により、交流式電気鉄道の変電所の ( 1 ) に接続する電気事業の用に供する発電機、 ( 2 ) ( 1 ) その他の電気機械器具に障害を及ぼさないように施設しなければならない。
[回答欄]
事由/使用量/調相設備/施設/経済産業大臣総合資源エネルギー調査会財務大臣特定事業者/年度/目標/当該指定/研修/設備/確保/接続/需要/変電所/性能/変圧器/科学技術/一般乗用旅客自動車運送事業/電気機械器具//

[答え]
(1)変圧器/(2)調相設備/
(電気設備の電気的、磁気的障害の防止)
第十六条  電気設備は、他の電気設備その他の ( 2 ) ( 1 ) に電気的又は磁気的な障害を与えないように施設しなければならない。
[回答欄]
磁気的/電気的又/所在地三/数三百五十台船舶/報告/第十六条/機能/当該書面/公表/建築主事/施設/フレキシブルディスク提出票/本邦/物件/基本方針/末日/記載/一般乗用旅客自動車運送事業/運送//

[答え]
(1)機能/(2)物件/

(発電機等の機械的強度)
第四十五条  発電機、変圧器、調相設備並びに母線及びこれを支持するがいしは、短絡電流により生ずる機械的衝撃に耐えるものでなければならない。2  水車又は風車に接続する発電機の回転する部分は、負荷を遮断した場合に起こる速度に対し、蒸気タービン、ガスタービン又は ( 2 ) に接続する発電機の回転する部分は、非常調速装置及びその他の ( 1 ) が動作して達する速度に対し、耐えるものでなければならない。3  発電用火力設備に関する技術基準を定める省令 (平成九年通商産業省令第五十一号)第十三条第二項 の規定は、蒸気タービンに接続する発電機について準用する。
[回答欄]
以外/船舶運航事業/非常調速装置及/内燃機関/以下/記録2/停止/一部/全部又/軌道事業/建築物/非常停止装置/同表/ガスタービン又/研究開発/変圧器/短絡電流/記録八/数三百両乗合自動車//

[答え]
(1)非常停止装置/(2)内燃機関/
(特別高圧架空電線路の供給支障の防止)
( 1 )  使用電圧が ( 3 ) の特別高圧架空電線路は、市街地その他人家の密集する地域に施設してはならない。ただし、当該地域からの火災による当該電線路の損壊によって一般電気事業に係る電気の供給に著しい支障を及ぼすおそれがないように施設する場合は、この限りでない。2  使用電圧が ( 3 ) の特別高圧架空電線と建造物との水平距離は、当該建造物からの火災による当該電線の損壊等によって一般電気事業に係る電気の供給に著しい支障を及ぼすおそれがないよう、三メートル以上としなければならない。3  使用電圧が ( 3 ) の特別高圧架空電線が、建造物、道路、歩道橋その他の工作物の ( 2 ) に施設されるときの相互の水平離隔距離は、当該工作物の倒壊等による当該電線の損壊によって一般電気事業に係る電気の供給に著しい支障を及ぼすおそれがないよう、三メートル以上としなければならない。
[回答欄]
相当程度行/審議会/当該報告書/倒壊等/特別高圧架空電線/当該区分/水平離隔距離/確認調査/氏名三/第四十八条/十七万ボルト以上/同表/期間/就航/業種/範囲及/下方/調査員/規定//

[答え]
(1)第四十八条/(2)下方/(3)十七万ボルト以上/

(通信障害の防止)
第四十二条  電線路又は電車線路は、無線設備の機能に ( 2 ) かつ重大な障害を及ぼす電波を発生するおそれがないように施設しなければならない。2  電線路又は電車線路は、弱電流電線路に対し、誘導作用により通信上の障害を及ぼさないように施設しなければならない。ただし、弱電流電線路の ( 1 ) の承諾を得た場合は、この限りでない。
[回答欄]
第四十二条/電車線路/廃止/普及/主務大臣/施設/変更/維持保全/管理者/鉄道事業/氏名又/軌道事業/継続的/名称及/エネルギー/運送/報告書/無線設備/必要//

[答え]
(1)管理者/(2)継続的/
(電力保安通信設備の施設)
第五十条  発電所、変電所、開閉所、給電所(電力系統の ( 2 ) に関する指令を行う所をいう。)、技術員駐在所その他の箇所であって、一般電気事業に係る電気の供給に対する著しい支障を防ぎ、かつ、保安を確保するために必要なものの相互間には、電力保安通信用電話設備を施設しなければならない。2  電力保安通信線は、 ( 1 ) 、火災等により通信の機能を損なうおそれがないように施設しなければならない。
[回答欄]
氏名三/住所二/利用効率/変電所/当該特定貨物輸送事業者/報告書及/運用/一定/指令/運送/判断/開閉所/機械的衝撃/留意/軌道法/精度管理/間又/保安/設置//

[答え]
(1)機械的衝撃/(2)運用/

(電圧不平衡による障害の防止)
第五十五条  交流式電気鉄道は、その単相負荷による電圧不平衡により、交流式電気鉄道の変電所の ( 1 ) に接続する電気事業の用に供する発電機、調相設備、 ( 1 ) その他の電気機械器具に障害を及ぼさないように ( 2 ) しなければならない。
[回答欄]
市町村又/向上/エネルギー/電気機械器具/提出/住所並/旅客/施設/発電機/建築物調査/変電所/軌道/当該特定貨物輸送事業者/文書/変圧器/報告/国土交通省令/経済産業大臣/経済産業大臣総合資源エネルギー調査会財務大臣特定事業者//

[答え]
(1)変圧器/(2)施設/
(地中電線等による他の電線及び工作物への危険の防止)
第三十条  地中電線、屋側電線及びトンネル内電線その他の工作物に固定して施設する電線は、他の電線、弱電流 ( 2 ) 又は管(他の ( 2 ) という。以下この条において同じ。)と接近し、又は交さする場合には、故障時のアーク放電により他の ( 2 ) ( 1 ) するおそれがないように施設しなければならない。ただし、感電又は火災のおそれがない場合であって、他の ( 2 ) の管理者の承諾を得た場合は、この限りでない。
[回答欄]
研修/数以上/電線等/以下/貨物輸送区分/一般旅客自動車運送事業/財政制度等審議会/損傷/維持保全/感電又/性能/合理化/軌道/基本方針/アーク放電/三年間保存/人数/故障時/留意//

[答え]
(1)損傷/(2)電線等/

(接触電線の危険場所への施設の禁止)
第七十三条  接触電線は、第六十九条の規定にかかわらず、同条各号に規定する場所には、施設してはならない。2  接触電線は、第六十八条の規定にかかわらず、同条に規定する場所には、施設してはならない。ただし、展開した場所において、低圧の接触電線及びその周囲に粉じんが集積することを防止するための措置を講じ、かつ、綿、麻、絹その他の燃えやすい繊維の粉じんが存在する場所にあっては、低圧の接触電線と当該接触電線に接触する集電装置とが使用状態において離れ難いように施設する場合は、この限りでない。3   ( 2 ) は、 ( 1 ) の規定にかかわらず、同条に規定する場所には、施設してはならない。
[回答欄]
措置/上欄/国土交通大臣/実施/停止/当該接触電線/一定/本邦以外/第七十三条/第七十条/調査員/届出/製造業又/輸送能力/定量/千五百キロリットル/第六十八条/理由/接触//

[答え]
(1)第七十条/(2)高圧接触電線/
(電撃殺虫器、エックス線発生装置の施設場所の禁止)
第七十五条   ( 2 ) はエックス線発生装置は、第六十八条から ( 1 ) までに規定する場所には、施設してはならない。
[回答欄]
戸数/特定貨物輸送事業者/財政制度等審議会/電撃殺虫器又/登録年月日及/登録調査機関/適合/精度/所在地四/記録/第六十八条/推進/エックス線発生装置/同表/第七十条/第七十五条/結果七/規定/調査//

[答え]
(1)第七十条/(2)電撃殺虫器又/

(電圧不平衡による障害の防止)
第五十五条  交流式電気鉄道は、その単相負荷による電圧不平衡により、交流式電気鉄道の変電所の変圧器に接続する電気事業の用に供する発電機、 ( 2 ) 、変圧器その他の電気機械器具に障害を及ぼさないように ( 1 ) しなければならない。
[回答欄]
使用/調相設備/当該貨物輸送区分/電圧不平衡/第五十五条/数三百五十台船舶/住宅事業建築主/当該建築物調査/氏名三/総合資源エネルギー調査会/業務/施設/適確/変電所/信頼性/事業/電気事業/主務大臣/塩製造業//

[答え]
(1)施設/(2)調相設備/
リロード