TPMを見習え!机の周りの作業カイゼン

私は以前、トヨタ系の会社に生産技術として勤めていたことがありました。
その際、TPM手法を取り入れてラインの改善を行ってきたことがあります。

実際、トヨタの組立ラインを見に行った事もありますが、そこでは作業員達が目にも止まらぬ早さで工具を取り、部品を組み付け・・・という作業をしていました。
「あーああいう仕事だけはやりたくねーな」と心の中でつぶやいていたことは秘密です(笑)

まぁ、ああいうライン作業の善し悪しをここで語るつもりはありませんが、TPMによる作業改善の有効性については認めざるを得ませんでした。
基本的にラインでの構成は図のような感じ。

汚ねー絵で申し訳ないですが、基本的に「道具・部品は全て手の届く範囲に置く」事が基本になってます。
私もこのノウハウを利用して、画像のように必要なファイルや道具ををすぐ手元に置いておく「カイゼン」をしました。

元々は足下のファイル置き場という名のダンボールの放りこんでいたのですが、効率が非常に悪いため、やめました。

また分野別にクリアファイルを作り、そこに仕訳してA4ルーズリーフを入れて置くという工夫もしています。

こういったカイゼンを行うにはある程度の時間も必要ですが、作業効率は格段にアップしますので、是非あなたも「トヨタ式」を導入してみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です